【グラベル】鈴鹿山脈の林道&登山道

鈴鹿山脈

鈴鹿山脈の林道からの、山頂踏んで登山道で下山してきました。

【グラベル】鈴鹿山脈の林道 | NRの備忘録 (nrkuro.com)

去年の12月に行って、雪が多くて引き返した。
今回はそのリベンジだ。
前夜麓は雨だった。
山頂は恐らく雪だろう。
行けるところまで今回も進む計画だ。

曇天。
晴れ予報なはずが。。。

短い区間だが、林道を走る。

曇天。
前回はここら辺は大雪だった。
雪も無く快適だ。

稜線を見ると、樹氷になってる。
昨晩の雨は、やはり稜線で雪だったのか。

林道スタート。
まだ雪は出てこない。
今日は山上まで行けるのか期待が膨らむ。

気持ち良いグラベルだ。
登りだが、、

林道が西へ行くと・・・
一気に本気を出し始めた。
こちらも気合を入れ始める。

得意の押し歩きでひたすら進む。

林道の為の掘削具合が良い感じだ。
陽が当たる所は雪は無い。

標高600m越えた辺りから更に本気を出し始めた。
押し歩きでは進まなくなる。
担ぎを強いられる。
膝位のラッセルになる。
最初は素で担いでいたが、肩が悲鳴を上げ、マットをクッション代わりにした。
これがとても良かった。
以後常に使用。

山々に癒されながら歩を進める。

休憩回数は増えてくばかり。
タイムリミットを決めて進んだ。

堰堤の氷瀑だ。

ヘロヘロになりながらも、何とか林道終点まで来た。

曇天だが、山が近くで見れて大満足。

登山道を登っていく。
昨日の雪でトレースも何も無い。
腰位のラッセルで数歩進んで直ぐに休憩していた。
けれど眺望が良く、元気を貰える。

自転車を置いていったら楽だろうなと思ってしまう。

馬酔木のトンネルだ。
無雪期なら普通に通れるが、、、、
雪で藪漕ぎみたいになる。

山頂。
ここは風がよく抜ける場所で、冬とか立ってられない。
しかし今日は無風だった。
しかも晴れてきた。
有難い。

良い景色だ。
二年ぶり山頂に立つ。
時間も計画より早く到着出来た。

下山。
ゆっくりしたかったが、これからの下山もどうなるか分からない。
水分補給して、早々下山した。

写真無いが、雪が解けてシャーベットの登山道だった。
しかも激下りの自転車持ってる。
アイゼン持ってこれば良かった。
慎重に下りる。
次第にシャーベットからドロドロになる。
これまた滑る滑る。

ナラの木など、良い雰囲気だ。

避難小屋。
ここで小休止した。

ザック。
軽量のコンパクトザックだ。
8年前くらいに買ったかな。
お気に入りだ。
これにフロントバックの中に入れてある物や水筒も全部入る。

登山道。
殆ど乗れず。。

下山完了。
一安心。
後は帰るだけだ。

真ん中の白い所に、さっきまで居た。
下界は暖かく、平和だ。

天気も良くなって山が綺麗に見える。
今日もありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました