【ロード】福岡-富山-三重の1.400km旅(1日目)

2205福岡-富山-三重1.400km

タイトル通り福岡県から富山県まで行って、分水嶺を経て三重県の自宅まで帰ってきました。

走行距離1389.0km、↑10.589m。

0日目 夜行バスにて小倉駅
1日目 小倉ー長門(148.6km) 
2日目 長門ー江津(157.3km)
3日目 江津ー琴浦(184.0km)
4日目 琴浦ー小天橋(186.5km)
5日目 小天橋ー越前(205.4km)
6日目 越前ー高岡(194.5km)
7日目 高岡ー美濃(215.6km)
8日目 美濃ー自宅(97.1km)

宿に関して、全て野宿しました。

食事に関して、基本飲食店やコンビニで済ませ、自炊(らーめん)は3回しました。

装備は、毎回一緒になってきました。

【ロード・山歩き】四国の山々を巡る自転車旅(準備編) | NRの備忘録 (nrkuro.com)

↑こちらと一緒です。
ただ山歩きが今回無いので、歩き装備(ザック・登山靴等)ありません。
基本海沿いは暖かいので、保温着も抜いてます。

荷物が減った分フロントフォークは、「オルトリーブ フォークパック」です。

食糧は、ラーメン4食分のみです。

ルートは、1日150km程で、敦賀から三重県に戻る計画しました。
実走してく中で、1日200km程走れる余裕が出てきました。
なので足を伸ばして、富山まで行くことが出来た。
ルート上や観光案内看板等で、見て気になった所を寄る適当プラン。
後は、海沿いを走れるところはなるべく走る。
そして初見の道が多いので日中のみ走り、夜は走らない。

夜行バス。

出発する二日前に、コロナの影響で急遽決まった連休。
考えまとまらず時間だけが過ぎていく。

出発日の昼間天気予報を見て東より西が明日から良さそうだ。
ならば連休を利用して横断をしてみようと考えた。

帰宅して、19時営業時間終了の5分前に夜行バスの予約を済ませた。
その際輪行袋に自転車入れていて且つ、他のお客様に迷惑掛からないなら載せれますと了承を得た。

そこから猛スピードで準備をした。

名古屋駅からも名鉄バスセンターが遠く、輪行袋(20kg超え)を肩掛けで歩くのは地獄だった。
何度も休憩をするが、出発時刻があるので休んでばかりはいられない。
何とか窓口に滑り込み、一安心。

雨が降って肌寒かったが、準備段階からヒートアップしている自分は半袖半ズボンだった(笑

高校生以来20数年振りだろうか、夜行バスに乗る。
Wi-Fiや3列シート凄いな。

就寝時間になるが、全く寝れなかった。
慣れないのか、嬉しいのか、不安なのか分からないが。

壇ノ浦SA。
関門海峡が見える。
曇天だ。
天気予報の嘘つきーーーと心の中で叫ぶ。

小倉駅。
ここで降り、自転車を組み立てる。
準備時間が少なく鞄にパーツ類を押し込んだだけ。
あれやこれやとパーツを付けていく。
忘れ物無かったみたいで、一安心。

出発。

煉瓦作りの工場。
落ち着く雰囲気。

門司港駅。

レトロな街並み。

旧門司税関。
1912年に建てられた。

開閉橋。
人もまばらで、ふらふらと散策した。

関門橋が近づいてくる。

トンネル入り口。

関門トンネル。
自転車は押し歩きなので、押して歩く。
全長780m。

本州に入ります。

料金20円。
安い!!

壇ノ浦の戦い。
平家と源氏の合戦舞台だ。

朝よりだいぶ雲が取れてきた。

すき家。
何も食べてないので、ここで朝食を頂く。

福江海岸。
猛烈な向かい風だった。
曇天だし昨晩の雨で濁ってるのかな。

毘沙ノ鼻。
本州最西端。
何も知らなかったが、丁度通りがかり「最○端」とか見たら寄ってしまう(笑)
ここは大通りから曲がると、坂の傾斜が強く辛い辛い。

蓋井島。(ふたおいじま)

写真スポット。

法林寺の立派なソテツ。

あおい浜。
そのままじゃねぇーか(笑)

天気も回復してくれて、海が綺麗に見える。

「お食事処 松永軒」。
昼になり寄ってみた。

うに丼。
苦み無くて、美味しかった。

お店の前から海が見える。
ここで電車が来れば。。。

綺麗な海を横目に最高。

角島大橋。
遂に来ました。
山口と言えばここだろうと思ってた。
そして申し分ない天気に感謝。

展望台から。

サーファーが沢山居た。

写真スポット。
凄いなこの景色。

満足。

橋を渡り角島へ。
停車禁止なので走りながら。

爽快に橋を巡行する。

角島灯台。

青い海だな。

再び本州に戻ります。

ここは人が来るのも頷けるな。

暑くてコンビニでアイスを買う。
クールダウン。

海岸線の海がずっと綺麗だ。

透明度が高い。

棚田と青い海とオレンジのガードレール。
何でオレンジのガードレールなのと疑問に思っていた。
帰宅後調べたら、山口国体開催にあたり山口県特産の「夏みかん色」に塗色したみたいだ。
ほんと疑問だった(笑)

下っていくと・・

元乃隅稲成神社。
123基の鳥居。

暑いので。

クールダウンしながらしばし眺めていた。

千畳敷。
看板でここからの眺めが良いと、書かれていたので寄ってみた。
ここまでの激坂はヤバかった。

日本海が見渡せる。
キャンプ場になってるし、ここでキャンプしたら気持ちよさそうだ。
しかし先を進む。

オレンジのガードレールと漁港。

「中華 龍宝」。

夕食は、らーめん焼き飯セット。
らーめんは豚骨スープ。
焼き飯も味濃くて美味しかった。

食後のデザート。

そして寝床を探し就寝した。

長い一日が終わった。

つづく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました