【ロード】福岡-富山-三重の1.400km旅(4日目)

2205福岡-富山-三重1.400km

前回からの続き。

【ロード】福岡-富山-三重の1.400km旅(3日目) | NRの備忘録 (nrkuro.com)

4日目 琴浦ー小天橋(186.5km)

朝食。
餅らーめん。
日本海は少し走ればコンビニ有るので、自炊しなくても良かったかなと後悔。
ただ自炊装備を一式持ってきたからには、仕方なく使う。
四国は、ほんとお店少ないから自炊は必須な気がするが。。

大山。
高曇りだが山は綺麗に見える。

コナン駅。
看板にコナンと書いてあったので寄ってみた。
コナンだらけだ。

あとタクシーもコナンのイラストが描かれている。

一桁国道なのに、ガラガラだ。
山陰自動車道のお陰だろう。

鳥取砂丘まであと少しだ。

風も波も穏やかな朝だ。

朝食。
食事はパスタとサバスがメインだ。
通勤時間は、自分の朝食時間だ。

砂漠が見えてきたぞ。

砂丘の入口に温度計が。
既に28度。。

馬の背まで歩きます。
ここは20数年前大雨の日に来て良い思い出が無かった(笑)

砂漠はサンダルで歩くので、心置きなく歩けて安心。

でかいなー。

戻ってきたら30度。。。
数十分でこんだけなら、昼間40度位いきそうだ。

足洗い場まで併設されていて、ありがとうございます。

浦富海岸。

海が綺麗。

青空で余計に綺麗に見える。

山陰海岸お気に入りになりました。

東浜駅。
ここがまた綺麗。
エコステーションみたいだ。
太陽光で電気を点けるみたいだ。

天井がガラスだ。

平日で自転車は1台。。。
大丈夫なのか。

駅から綺麗な海が見える。

東浜海岸。
綺麗でした。

兵庫県入りました。

ここでもまだまだ綺麗な海だ。

山陰線。

矢田川橋梁。
ここも電車来れば最高なのに・・・

「白龍」 ランチ800円也。

ボリューム有ってスープも付いてきます。

悲劇になる前の最後の写真・・・

海岸線沿いを走り、城崎温泉まで向かってる山中で・・・

リアのギアを軽くした時・・・

「ブチッ!」

あれ一気にギアがトップに。。。。
逝ってしまった。。。。
リアシフトワイヤーが切れました。
取り敢えず駅をだいぶ前に通り過ぎた。
先ずそこまで戻ろうと、Uターンをする。
トップ側の可動範囲ボルトを締めて、強制でインナー側へ。

結果4枚目で走れる。
が、ただでさえキャンプ装備満載の重い車体。
現在駅なので輪行して、豊岡まで行けば何とかなるかなと思った。
スマホで調べたら豊岡にいくつか自転車が有る。
しかし電車は最終手段だ。
自分の脚が終わってから考えよう。
豊岡に願いを託し日本海ルートを諦め、急いで向かった。

しかし傾斜5%以上になるとシッティングでは厳しく、ダンシングを積極的に使って登っていく。
時間も15時。
あまり遅くなるとお店も閉まってしまう。
ひたすら漕いだ。

豊岡に到着。
ここで自転車屋を探す。
1件のお店に電話して作業をお願いした。
そのお店まで行ったが・・・

「無理です。すいません。」

「はい」

どうしようか迷う。
ここで自転車旅終了か。
ここなら輪行で何とでもなるけど。

自分の脚は、まだ終わってない。

脚が終わった時に、旅を終わりにしようと決めた。
豊岡から再び日本海へ向けて走り始めた。

正面の山を越えていくぞー

京都に入りました。
もうヘロヘロです。
日本海から豊岡までで、脚を使いまくって終わりかけで、再びこの山越え。
脚はパンパンに張っている。
最後の登りは、押し歩いていた。。。

綺麗な夕陽だったんだろうな。

今宵の宿を探した。

夕食。

疲労困憊でショップを探す力が無い。
そこでお友達にワイヤー切れを説明し、ショップを探してあれば教えてくださいと伝えた。
自分は、脚の回復に努め、早めに就寝した。

リアシフトワイヤーに関して、1日目から調子が悪かった。
ただ輪行した際に、ぶつけたのかなぁーと思った。
ハンガー曲がったかなと思って確認したが、そこまで違和感無い。
テンション調整ボルトにて、調整したら完全では無いが幾分良くなった。
四国の旅で総走行距離が約5.000kmだった。交換しとくべきだったなと後悔先に立たずだ。

つづく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました