【レビュー】チューブス タラ(フロントキャリア)

レビュー

フロントキャリアのレビューを書いていこうと思う。

買うきっかけ

オルトリーブのフォークパックプラスを使っていた。
これはこれでとても使いやすく、活躍している。

ただ問題は、容量だ。。。。

涼しい時期の自転車旅なら、事足りる。
しかし寒い時期や、山歩き+自転車旅をしようと思ったときに、荷物が多くなりフォークパックプラスでは無理だ。

そこでフォークパックプラスから、容量アップとして・・・

パニアバックが、候補に上がってくる。

そこで探していくと、自分の自転車に取り付けれそうなのを見つけた。

それが今回これから紹介する、tubus Tara(チューブス タラ)だ。

HPより引用

ドイツのキャリア専門ブランドだ。

買ってみて

重量:565g

素材:クロモリ

耐荷重:18kg

カラー:ブラックとシルバーがある

25年以上多くのサイクリストに愛されるだけあって、構造は単純だけど造りはしっかりしている。

セットしてみて

HPより引用

地面と平行にセットする。
フォーク部2個のナットを使って固定する。
スペンサーが付属されてるので、各々の自転車毎(フォーク幅)にあわせてスペンサーを調整し、しっかりと締めこむ。

HPより引用

4.3Nmで締める

使ってみて

オルトリーブのパニアバックなら、リアラック同様直ぐに取り付け可能だ。

上部にキャットアイのブラケット付ければフロントライト置けて、夜は安心だ。
ただブラケット取り付け部が、丸では無く楕円形になっている。
その為ブラケットを普通に付けても、不安定だ。
そこでゴムホースを短く切って、ブラケットとパイプの間に挟んで固定した。
その結果、ブラケットがしっかり固定出来た。

自分の場合・・・
ライドファーハンドル・サイコン・GPSやらハンドル周りは、空きスペースが少ない。

そんな時でも邪魔にならない位置に、常時フロントライトを取り付けれるのは有難い。

横型輪行の場合・・・

フロントキャリアが、スタンドになって楽に収納出来る。
ただフロントのパニアバックは外さないといけないが。

走ってみて

しっかりとボルト固定出来るので、グラグラ感は皆無だ。
パニアバックが、振動や衝撃で外れることも無く安心出来る。
そして低重心で、ハンドリングも安定している。

ただ横風の時は、フロント部のパニアバックにもろ風を受け少々怖かった。。

四国一周自転車旅した際も、問題無く安心して使用出来た。

結び

フロントキャリアとして、何の不満も無く良い買い物が出来た。

TUBUS(チューブス) タラ フロントキャリア 26″ 28″兼用 [ブラック] TB-200001-001

新品価格
¥15,980から
(2023/1/20 21:19時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました